診療情報による医療評価 : DPCデータから見る医療の質

松田晋哉, 伏見清秀 編

[目次]

  • 第1部 標準化診療データの今日的意義(医療データの標準化-医療の質の向上に向けて
  • 日本版診断群分類によるデータベースの構築と病院情報システム)
  • 第2部 診療プロセス・医療システムの実証分析(医療の質の可視化-評価とマネジメントへの展開
  • 診療プロセスと臨床評価
  • 病院情報システムと診療プロセス分析
  • プロセスデータを活用した医療評価
  • 病院の生産効率性と機能
  • DPC導入と診療の効率化
  • 地域医療資源の分析)
  • 第3部 社会資源としての大規模標準化診療データ(大規模標準化診療データと臨床疫学研究
  • 臨床指標を用いた医療の質のベンチマーク-諸外国とわが国の取り組みから
  • 社会的共通資本としてのDPCデータ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 診療情報による医療評価 : DPCデータから見る医療の質
著作者等 伏見 清秀
松田 晋哉
書名ヨミ シンリョウ ジョウホウ ニ ヨル イリョウ ヒョウカ : ディーピーシー データ カラ ミル イリョウ ノ シツ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2012.9
ページ数 230p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-060409-3
NCID BB10321227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22173537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想