ユーラシア世界  5

塩川 伸明;小松 久男;沼野 充義【編】

西欧とは異なる編成原理をもつ国々が興亡を経てきた地。その最大の挑戦者たるソ連が解体して20年、正負の遺産を負い、複雑に絡みあい、地域と世界は対話を始める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 国家と国際関係
  • 1 冷戦後の世界(ソ連邦の解体過程とその後-連邦内擬似国際関係から新しい国際関係へ
  • グローバル・ユーラシア-新しい地政学の創造
  • ユーラシアの中のロシア=EU経済関係)
  • 2 変容する"地域"(国と国際が溶解する空間としてのバルト地域-ヨーロッパ、バルト三国、ロシア
  • 中央アジアにおける国際関係の誕生-カザフスタンの動向を事例に
  • 構成共和国間分業から国際分業へ-現代ユーラシア諸国の経済問題ウズベキスタンの事例
  • 環黒海地域における跨境政治-非承認国家の宗教と跨境マイノリティ)
  • 3 歴史の視座から(二〇世紀初頭の極東国際関係-モンゴルの国家形成過程から
  • 誰が冷戦の勝者なのか-中ソ対立と「インターキト」
  • 中央ヨーロッパを思い出す-辺境からの離脱)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユーラシア世界
著作者等 Wolff, David
上垣 彰
塩川 伸明
小松 久男
小森 宏美
岩下 明裕
松里 公孝
橘 誠
沼野 充義
湯浅 剛
篠原 琢
野部 公一
書名ヨミ ユーラシア セカイ
書名別名 国家と国際関係
巻冊次 5
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2012.9
ページ数 263,6p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-034285-8
NCID BB10246948
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22161011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想