満洲浪漫 : 長谷川濬が見た夢

大島幹雄 著

一三〇冊にのぼる自筆ノート「青鴉」に記された、誰一人知ることのなかったそのナイーブな魂の苦悩…。長谷川四兄弟の三男に生まれ、大川周明の後ろ盾で満洲に渡り、戦前の大ベストセラー、バイコフの『偉大なる王』を邦訳。そして甘粕正彦の最期を看取った男の"敗北"の真実とは?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 コザックたちの夢
  • 第2部 南嶺の赤い月
  • 第3部 満洲浪漫
  • 第4部 三河幻想
  • 第5部 満洲崩壊
  • 第6部 挫折の戦後
  • エピローグ 木靴をはいて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満洲浪漫 : 長谷川濬が見た夢
著作者等 大島 幹雄
書名ヨミ マンシュウ ロマン : ハセガワ シュン ガ ミタ ユメ
書名別名 Manshu roman
出版元 藤原書店
刊行年月 2012.9
ページ数 348p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89434-871-4
NCID BB10343569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22154018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想