子どもにおくる私の母の話

人間キラキラの会 編

「私の母の話」は、140名を越える筆者が一様に母を慕い、そして母に感謝を捧げることばを献じています。戦後、夜なべをし、或いは行商をし、大切な着物を売って子どもたちを育てた母親。子どもの才能を見出して教育をしてくれた母。この本の話は、母親の愛が共通項としてあるものの、一篇一篇の話はどれ一つとして同じものがなく、時代、家柄、意識により異り、女性史としての面をもつと同時に、個人史としての核が読み取れます。祖父母、父母、子、孫…と、自分を鎖の一輪と位置づけ、女性が生命をつなぐ役割をになっている自負と責任感が強く行間にあふれています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 愛(母の寝息(ささきひろし)
  • たずね歌(高丸もと子) ほか)
  • 第2部 時代(東京へ帰りたい(白根厚子)
  • お婆さんになること(黒沢知子) ほか)
  • 第3部 母の教え(わからなかった母の病気(篠塚喜一郎)
  • ひらがなの成り立ちを教えてくれた母(石井純子) ほか)
  • 第4部 母も女性(母に想う(宮嵜瑞枝)
  • おかあさんになって、わかったこと(林佐知子) ほか)
  • 第5部 感謝(月日に先のばしせずに(清水智子)
  • 私の母(清澤綾子) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもにおくる私の母の話
著作者等 人間キラキラの会
原田 みつ子
鈴木 喜代春
書名ヨミ コドモ ニ オクル ワタクシ ノ ハハ ノ ハナシ
書名別名 Kodomo ni okuru watakushi no haha no hanashi
出版元 らくだ
刊行年月 2012.9
ページ数 167p
大きさ 17cm
ISBN 978-4-89777-512-8
全国書誌番号
22146728
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想