天体少年。 : さよならの軌道、さかさまの七夜

渡来ななみ 著

天文学者の父親とともに遠く南国の孤島に暮らしている少女・海良。ある日、彼女が闇夜の草原で出会ったのは、星空から降りたった不思議な少年・τ(タウ)だった。「僕という天体は、宇宙を未来から過去へと進んでいる。でもこの姿を浮かべていられるのは、ほんの七日間だけ。だから今夜は僕にとって、君との最後の夜なんだよ-」去り際に残した、その謎めいた言葉通りに、海良は毎夜タウと出会い続ける。約束された出会いの、避けられない別れの時へ向かって-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天体少年。 : さよならの軌道、さかさまの七夜
著作者等 渡来 ななみ
書名ヨミ テンタイ ショウネン : サヨナラ ノ キドウ サカサマ ノ シチヤ
書名別名 Tentai shonen
シリーズ名 メディアワークス文庫 わ3-1
出版元 アスキー・メディアワークス
角川グループパブリッシング
刊行年月 2012.9
ページ数 269p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-886997-3
NCID BB10881141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想