三好十郎 = JURO MIYOSHI  2 (浮標)

三好十郎 著

戦時下の夏の終わり、千葉市郊外の海辺の家で、洋画家久我五郎は肺を患う妻の美緒を看病している。美緒を実の子のように世話をする小母さん、戦地へ向かう五郎の親友の源一郎、不動産相続に気を揉む実母など、病床の美緒のまわりをさまざまなひとが行きかうなか、美緒の病状も一向に快方にむかわず…。作者自身が「血みどろになってのたうちまわっている」作品と評し、生きることをみつめた私戯曲。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三好十郎 = JURO MIYOSHI
著作者等 三好 十郎
書名ヨミ ミヨシ ジュウロウ
書名別名 JURO MIYOSHI
シリーズ名 ハヤカワ演劇文庫 33
巻冊次 2 (浮標)
出版元 早川書房
刊行年月 2012.9
ページ数 221p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-15-140033-9
NCID BB10259666
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22156820
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想