皇室典範を改正しなければ、宮家が無くなる

市村真一 著

論壇は、女性皇族を当主とする宮家創設と旧宮家子孫の皇籍復帰に二分されているように見える。だが、戦後六十数年ソ連中国を模範として天皇制を打倒せよと叫んだマルキストを論破し、低開発国の国づくりを助言してきた経済学者である著者は言う-答えは単純な一方策では見出せない。論点を整理し、史実を仔細に検討し、理をつくし、知恵をしぼれば、優れた立憲君主制を確立できる。その考えの基本方向を示したものが、本書である。合わせて本書の後篇では、著者多年の主張である、立憲君主制が大統領制よりも優れた政治制度だとするマックス・ウェーバーその他の学者の見解を、内外の歴史を踏まえて論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前篇 皇室の弥栄えをお祈りして(皇室典範を改正しなければ、宮家が無くなる
  • 皇室典範改正の諸問題
  • 君主制と王位継承論
  • 内閣官房の諮問事項についての所見
  • 内閣官房ヒアリング議事録
  • 今上陛下と皇后陛下への御祝辞
  • 所功教授との対談 皇統の永続のために)
  • 後篇 立憲君主制の擁護のために(君主制の擁護
  • 江藤淳教授との対談 天皇
  • 君主制と神道
  • 立憲君主国と民主共和国の長短を論ず)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 皇室典範を改正しなければ、宮家が無くなる
著作者等 市村 真一
書名ヨミ コウシツ テンパン オ カイセイ シナケレバ ミヤケ ガ ナクナル
シリーズ名 皇室典範
出版元 藤原書店
刊行年月 2012.9
ページ数 274p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89434-873-8
NCID BB1049060X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22154460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想