チンパンジーはなぜヒトにならなかったのか : 99パーセント遺伝子が一致するのに似ても似つかぬ兄弟

ジョン・コーエン 著 ; 大野晶子 訳

酷似したDNAを持ちながら、ヒトは生物界の頂点に君臨し、チンパンジーは研究材料にされ続けてきた。2種を隔てた1パーセントの意味を知ることで、人類の未来が見える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに チンパンジーの世界に足を踏み入れて
  • 第1部 血(進化のツリー-チンパンジーからヒトのなにがわかるのか
  • 種と種をつなぐもの-雑種はなぜ存在するのか
  • 病気と健康-チンパンジーとヒトがかかる病気はなぜちがうのか
  • 伝染病の猛威-チンパンジーの研究はエイズワクチンの開発につながるのか)
  • 第2部 脳(しゃべる類人猿-類人猿は言語を修得できるのか
  • 言葉をつかさどる遺伝子-ヒトの脳のなにが言語を生んだのか
  • 心のギャップ-チンパンジーに他者の心は読めるのか
  • 頭と頭をつき合わせて-ヒトとチンパンジーの脳はちちがうのか)
  • 第3部 からだ(歩いて進め-ヒトと類人猿を隔てる解剖学的要素とは
  • 肉欲の話-性習慣のちがいはなにを意味するのか
  • チンパンジーの生きる道-ライフスタイルが異なる要因はなにか
  • 野生児として-人間のせいで絶滅してしまうのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チンパンジーはなぜヒトにならなかったのか : 99パーセント遺伝子が一致するのに似ても似つかぬ兄弟
著作者等 Cohen, Jon
大野 晶子
コーエン ジョン
書名ヨミ チンパンジー ワ ナゼ ヒト ニ ナラナカッタ ノカ : キュウジュウキュウパーセント イデンシ ガ イッチ スル ノニ ニテモ ニツカヌ キョウダイ
書名別名 ALMOST CHIMPANZEE

Chinpanji wa naze hito ni naranakatta noka
出版元 講談社
刊行年月 2012.9
ページ数 461p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-216173-2
NCID BB10274910
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22152883
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想