民族大国インドネシア : 文化継承とアイデンティティ

鏡味治也 編著

千にものぼる民族の多様な文化をもつインドネシア。スハルト政権崩壊後、解き放たれ、新たに生成し変化する民族意識を、9人の研究者たちが探る。建国以来初めて民族別人口を明らかにした2000年のセンサスをもとに、赤道にまたがる無数の島々からなる広い国土の各地域に密着し、各民族の多彩な営みをとらえた論考は、幾多の困難を乗り越え政治の安定を得て経済成長を促し、いまや上昇局面に立つ国の、活力の源を知る確かな礎となる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 インドネシアの国民意識と民族意識
  • 1 アイデンティティの拠り所-受け継がれるスンダ語教科書からの考察
  • 2 都市の家族、村の家族-バリ人の儀礼的つながりの行方
  • 3 バティックに染め上げられる「華人性」-ポスト・スハルト期の華人と文化表象をめぐって
  • 4 受け継がれた罪と責務-西ティモールにおけるキリスト教と祖先崇拝
  • 5 コラージュとしての地域文化-ランプン州に見る民族から地域への意識変化
  • 6 慣習継承の政治学-スマトラ二州に見る公的継承プロジェクトの限界
  • 7 異種混淆性のジェネオロジー-スラウェシ周辺海域におけるサマ人の生成過程とその文脈
  • 8 首都に暮らすバリ人ヒンドゥー教徒
  • 9 ジョジョバ(幸せな独り者)-都市部におけるキャリア女性の食行動とジェンダー規範の変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民族大国インドネシア : 文化継承とアイデンティティ
著作者等 鏡味 治也
書名ヨミ ミンゾク タイコク インドネシア : ブンカ ケイショウ ト アイデンティティ
書名別名 Minzoku taikoku indoneshia
出版元 木犀社
刊行年月 2012.9
ページ数 365p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89618-060-2
NCID BB10243848
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22185968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想