新島八重ハンサムな女傑の生涯 = The Life History of Yae Neesima

同志社同窓会 編

その個性から、「幕末のジャンヌ・ダルク」「ハンサムウーマン」「悪妻」など、さまざまに語られる新島八重。夫・新島襄をして、「ハンサム」と言わしめた自立した一個の個性の生涯を、7つのテーマで追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 八重という個性
  • 2章 襄と八重-百花の魁
  • 3章 会津、武家に生まれて
  • 4章 八重と教育
  • 5章 凛として生きる-クリスチャンの八重
  • 6章 新島八重と看護のこころ-同志社の看護から日赤の篤志看護婦へ
  • 7章 新島八重の茶の湯

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新島八重ハンサムな女傑の生涯 = The Life History of Yae Neesima
著作者等 同志社同窓会
書名ヨミ ニイジマ ヤエ ハンサム ナ ジョケツ ノ ショウガイ
書名別名 The Life History of Yae Neesima

Nijima yae hansamu na joketsu no shogai
出版元 淡交社
刊行年月 2012.10
ページ数 127p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-473-03839-5
NCID BB10248706
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150069
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
会津、武家に生まれて 野口信一
八重という個性 坂本清音
八重と教育 日比惠子
凛として生きる 山下明子
新島八重と看護のこころ 小野尚香
新島八重の生涯 大島中正
新島八重の茶の湯 廣瀬千紗子
襄と八重 大島中正
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想