フィンランドはもう「学力」の先を行っている : 人生につながるコンピテンス・ベースの教育

福田誠治 著

大学(学部)入学者の4分の1が成人(25歳以上)、高校進学はほぼ半数(男子)が職業高校を選択。フィンランドは子どもに「実力」を付ける教育に転換した。宿題もなければ、点数競争もない。それなのに、学力世界一であり、ランキング総合1位の国である。片や日本は、ペーパーテストで競争させる教育から抜け出せないでいる。いま真に求められているは教育とは何かを提示する画期的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 コンピテンス・ベースの教育が求められている
  • 第1章 グローバル競争のなかの教育制度
  • 第2章 小学校から、もの作りの授業
  • 第3章 中学校のもの作り
  • 第4章 専門学校の取り組み
  • 第5章 専門学校OMNIAの取り組み
  • 第6章 専門職大学(AMK)
  • 第7章 普通科高校から総合大学へ
  • 第8章 フィンランドの職業教育の歴史と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フィンランドはもう「学力」の先を行っている : 人生につながるコンピテンス・ベースの教育
著作者等 福田 誠治
書名ヨミ フィンランド ワ モウ ガクリョク ノ サキ オ イッテ イル : ジンセイ ニ ツナガル コンピテンス ベース ノ キョウイク
書名別名 Finrando wa mo gakuryoku no saki o itte iru
出版元 亜紀書房
刊行年月 2012.10
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7505-1217-4
NCID BB10426418
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22151900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想