日本人の姓・苗字・名前 : 人名に刻まれた歴史

大藤修 著

日本人の「姓」と「苗字」のルーツはどこにあるのか?明治以前の日本男性は、なぜ人生の節目ごとに改名したのか?人名が持つ意味や役割を古代から現代までたどり、「日本」「日本人」とは何かを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 姓と苗字(中国の「姓」制度の成立と東アジアへの伝播
  • 日本における「姓」制度の継受と展開
  • 「家」の成立と「名字(苗字)」の発生
  • 苗字の由来
  • 苗字の展開と姓)
  • 前近代の名前(名前の変遷
  • ライフサイクルと名前)
  • 近世の名前と国家・社会・民族(名前の管理と規制
  • 社会集団・社会関係と名前
  • 名前をめぐる民族と国家)
  • 近代の「氏名」と「帝国」日本(近代的「氏名」の創出と「国民」編成
  • 他民族の「日本国民」への編入と「氏名」)
  • 氏と名前のゆくえ-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の姓・苗字・名前 : 人名に刻まれた歴史
著作者等 大藤 修
書名ヨミ ニホンジン ノ セイ ミョウジ ナマエ : ジンメイ ニ キザマレタ レキシ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 353
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.10
ページ数 248p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05753-0
NCID BB10204868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22151854
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想