赤信号は点滅を続ける : 愛着障害の治らない傷

早川幸恵 著

いじめでまた転校した。それでも人の温もりが恋しくて、誰かをすぐに求めてしまう、愛着障害のせいだとわかっていても-。病との闘いと苦悩の日々を綴る体験エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 友達がほしい
  • 2章 三角関係
  • 3章 豹変する恋人
  • 4章 「元カレ」と「今カレ」
  • 5章 最強の敵

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤信号は点滅を続ける : 愛着障害の治らない傷
著作者等 早川 幸恵
書名ヨミ アカシンゴウ ワ テンメツ オ ツズケル : アイチャク ショウガイ ノ ナオラナイ キズ
出版元 幻冬舎ルネッサンス
刊行年月 2012.9
ページ数 319p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7790-0859-7
NCID BB10801390
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22208100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想