最後の陸軍大臣阿南惟幾の自決 : 徹底抗戦を呼号した一軍人の生涯

甲斐克彦 著

最後の陸軍大臣に就任し、国家の未来を切り拓くために、精魂を傾け尽くした、実直、生真面目、心やさしき男の素顔。戦場においては、常に大胆に戦いながら春風駘蕩の風格をもただよわせた"遅咲きの武人"を浮き彫りにする異色の陸軍人物伝-悲劇の主役として、戦史の最終章に登場した一軍人の実像にせまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 遅れて来た人
  • 不器用の美学
  • 沸騰する氷点
  • テロルの季節
  • 幻の敵をもとめて
  • 人馬は進む
  • 襤褸の旗
  • 撃ちてし止まん
  • 〓(こん)外の兵
  • 歩く兵隊と玉砕の島
  • 悲風・川中島
  • 星の投影
  • 百鬼夜行
  • もう一つの戦場
  • 志操の碑

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最後の陸軍大臣阿南惟幾の自決 : 徹底抗戦を呼号した一軍人の生涯
著作者等 甲斐 克彦
書名ヨミ サイゴ ノ リクグン ダイジン アナミ コレチカ ノ ジケツ : テッテイ コウセン オ コゴウ シタ イチ グンジン ノ ショウガイ
シリーズ名 光人社NF文庫 かN-755
出版元 潮書房光人社
刊行年月 2012.10
ページ数 317p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7698-2755-9
NCID BB20422479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150376
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想