赤い月、廃駅の上に

有栖川有栖 著

廃線跡、捨てられた駅舎。赤い月が昇る夜、何かが起きる-。17歳の不登校の少年が一人旅で訪れた町はずれの廃駅。ライターの男と待合室で一夜を明かすことになるが、深夜、来るはずのない列車が不気味な何かを乗せて到着し…。(『赤い月、廃駅の上に』)温泉地へ向かう一見普通の列車。だが、梢子は車内で会うはずのない懐かしい人々に再会する。その恐ろしい意味とは。(『黒い車掌』)鉄道が垣間見せる異界の姿。著者新境地のテツ怪談。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤い月、廃駅の上に
著作者等 有栖川 有栖
書名ヨミ アカイ ツキ ハイエキ ノ ウエ ニ
書名別名 Akai tsuki haieki no ue ni
シリーズ名 角川文庫 あ26-10
出版元 角川グループパブリッシング
角川書店
刊行年月 2012.9
ページ数 290p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-100482-1
NCID BB10467823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22158466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想