近代カトリックの説教

高柳俊一 編

プロテスタントに対抗する「反宗教改革」、大航海時代の「世界宣教」、現代世界への適応を目指す「第二ヴァティカン公会議」、抑圧された民衆の解放を求める「解放の神学」など。宗教改革以降から現代まで、さまざまな刷新運動を展開してきたカトリック教会の代表的な説教を収録。本邦初訳のものを多数含む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • トマス(ビラノバの)-洗礼者聖ヨハネ
  • ホアン(アビラの)-悲しみの聖母マリアの祝日(九月一五日)の説教
  • カルロ・ボロメオ-一五六五年一〇月一五日、ミラノ地方教会会議開催にあたって
  • ロベルト・ベラルミーノ-心の貧しい人々は幸いである
  • フランソワ(サルの)-聖母マリアご誕生の祝日の説教
  • パオロ・セニェリ-罪人は最後の日に辱めを受ける
  • ジャック=ベニニュ・ボシュエ-聖母の神への愛
  • ルイ・ブルダルー-死の思い
  • アブラハム・ア・サンタ・クララ-聖ステファノの祝日(一二月二六日)の説教
  • フランソワ・ド・サリニャック・ド・ラ・モト・フェヌロン-異邦人の召命について〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代カトリックの説教
著作者等 高柳 俊一
書名ヨミ キンダイ カトリック ノ セッキョウ
書名別名 Kindai katorikku no sekkyo
シリーズ名 シリーズ・世界の説教
出版元 教文館
刊行年月 2012.8
ページ数 458p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7642-7338-2
NCID BB1023401X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22149432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
わたしたちは救われているのか?あるいは神と語るヨブ ヨーゼフ・ラッツィンガー, 富田裕
アメリカ合衆国初の枢機卿に任命されてローマ・トラステヴェレのサンタ・マリア名義座教会で一八八七年三月二五日に行われた説教 ジェイムズ・ギボンズ, 高柳 俊一
イエス・キリストの誕生 ジャン=バティスト・マシヨン, 高柳 俊一
エキュメニカル対話と永久的宗教改革 エルダー・カマラ, 高柳 俊一
カトリック教理と理性によって確かめられた確実性 ジャン=バティスト・アンリ・ラコルデール, 高柳 俊一
キリストは英雄〈一一月二三日、日曜日〉 ジェラルド・マンリー・ホプキンズ, 古橋昌尚
クリスマス「神とともに暗闇へと向かう」 ハンス・ウルス・フォン・バルタザール, 富田裕
タボルとオリーブ ニコラス・パトリック・スティーヴン・ワイズマン, 高柳 俊一
一五六五年一〇月一五日、ミラノ地方教会会議開催にあたって カルロ・ボロメオ, 高柳 俊一
五旬節の日曜日 ジェイムズ・ギボンズ, 高柳 俊一
受肉 ロナルド・アーバスノット・ノックス, 高柳 俊一
心の貧しい人々は幸いである ロベルト・ベラルミーノ, 高柳 俊一
悲しみの聖母マリアの祝日(九月一五日)の説教 ホアン(アビラの), 富田裕
新しい考えにより自分を変えなさい マリオ・フォン・ガリ, 富田裕
最後の説教 オスカー・ロメロ, 高柳 俊一
死の思い ルイ・ブルダルー, 高柳 俊一
永遠のガリラヤ人 フルトン・ジョン・シーン, 高柳 俊一
洗礼者聖ヨハネ トマス(ビラノバの), 高柳 俊一
異邦人の召命について フランソワ・ド・サリニャック・ド・ラ・モト・フェヌロン, 里見貞代
神はその民を訪れた エドワルト・スキレベークス, 高柳 俊一
第二の春 ジョン・ヘンリー・ニューマン, 古橋昌尚
罪と救済、あるいは運命と自己救済? コンラート・アルガミッセン, 高柳 俊一
罪人は最後の日に辱めを受ける パオロ・セニェリ, 高柳 俊一
聖ステファノの祝日〈一二月二六日〉の説教 アブラハム・ア・サンタ・クララ, 富田裕
聖性への呼びかけ ジャン=ベルトラン・アリスティド, 高柳 俊一
聖母の神への愛 ジャック=ベニニュ・ボシュエ, 高柳 俊一
聖母マリアご誕生の祝日の説教 フランソワ(サルの), 里見貞代
聖霊降臨のメッセージ カール・ラーナー, 高柳 俊一
訓話 ヨハネス二三世, 清水宏
詩編九三編 ヨハネス・パウルス二世, 高柳 俊一
詩編八編 ヨハネス・パウルス二世, 高柳 俊一
近代カトリック説教史 高柳 俊一
霊を消すなかれ カール・ラーナー, 大塚忠秀
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想