幸田文対話  下 (人生・着物・樹木)

幸田文 他著

幸田文が、起伏に富んだ半生を踏まえての人生観や文学観、料理・台所仕事への愛着、和服、着ることへの徹底したこだわり、各地の樹木への関心、奈良の古塔再建のための尽力ぶりなどを、各界の第一線で活躍した名士を相手に語る。幸田文の人、自然、物事に対する深い思いやり、また生き生きとした興味の示し方、感動のし方、さらに機転の利いた話題えらびと、闊達流暢にして品格のある美しい日本語の魅力を味わう(青木玉「あの朝のこと」収録)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 母子問答(青木/玉)
  • 問答有用(徳川/夢声)
  • ものを書くこころ(幸田/文氏をかこむ主婦のつどい)
  • こんなひと(美輪/明宏)
  • リレー対談(ロイ・ジェームス)
  • ヴァイオリンにかけた一生(安藤/こう)
  • たべること(辻/嘉一)
  • ちょっとお邪魔を(田村/魚菜)
  • おさななじみ(関口/隆克)
  • 私は"乱れる"ほどの競馬ファン(草柳/大蔵)
  • おんなと男(多田/道太郎)
  • けじめをつける(沢村/貞子)
  • いかるがの春に立つ塔(今泉/篤男)
  • 木のこころ(土門/拳)
  • 着物に惚れることですね(遠藤/波津子)
  • 心の中に塔を建てよう(渡部/日皓)
  • 新春対談 日本の心(入江/相政)
  • 桧が語りかける(西岡/常一)
  • 人生と"縁"を語る(辻/邦生)
  • 明治の男今の男(矢口/純)
  • 樹木T語る楽しさ(山中/寅文)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幸田文対話
著作者等 幸田 文
書名ヨミ コウダ アヤ タイワ
シリーズ名 文芸 207
岩波現代文庫 207
巻冊次 下 (人生・着物・樹木)
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.9
版表示 増補.
ページ数 354p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602207-5
NCID BB10243451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22156219
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想