中勘助『銀の匙』を読む

十川信介 著

『銀の匙』が時代を超えて共感をもって読まれ続けるのはなぜなのか。この名品の文章に寄り添い、表現に織り込まれたメッセージを周到に抽きだしてその謎を解きほぐす。多くの図版資料を随所に収め、彫琢をきわめたこの作品の肌理と佇まいがおのずと浮かびあがる。読者を魅了してやまない勘助の美しい文学世界の息吹がみち溢れる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 中勘助と『銀の匙』の世界(象徴としての銀の匙
  • 「生きている過去」
  • 年譜的な背景)
  • 第2講 神田と小石川(神田の生活
  • 伯母さんの世界
  • 小石川へ)
  • 第3講 伯母さんとお国さん(伯母さんの「教育」
  • はじめての友だち
  • かくれんぼ)
  • 第4講 学校のなかで(学校生活
  • 「恋人」お〓(けい)ちゃん
  • 「おかあ様」の論理)
  • 第5講 孤立する「私」(お〓(けい)ちゃんとの別れ
  • 「つむじまがり」
  • 出口なし)
  • 第6講 別離と出発(伯母さんとの別れ
  • 美しい人
  • 新しい旅の予感)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中勘助『銀の匙』を読む
著作者等 中 勘助
十川 信介
書名ヨミ ナカ カンスケ ギン ノ サジ オ ヨム
シリーズ名 文芸 209
銀の匙 209
岩波現代文庫 209
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.9
ページ数 222p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602209-9
NCID BB10177765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22156113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想