現代精神医学のゆくえ

ナシア・ガミー [著] ; 山岸洋, 和田央, 村井俊哉 訳

精神医学は今のままでよいか。「生物心理社会折衷主義」が生んでいる弊害や、エヴィデンスに基づく医学を徹底的に批判し、あるべき医学的"知"を問う。『現代精神医学原論』の著者が放つ第二弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生物心理社会モデルの興隆(寛容さに潜む危険-アドルフ・マイヤーの精神生物学
  • 理論はたくさん、時間はちょっと-折衷主義の興隆
  • 四方八方に奔走する-ロイ・グリンカーによる「折衷主義のための奮闘」
  • 医学の新しいモデル-ジョージ・ユンゲルの生物心理社会モデル
  • 登場前と登場後-生物心理社会モデルの先駆者たちと後継者たち
  • 停戦-精神医学内戦を調定する)
  • 第2部 生物心理社会モデルの衰退(データに溺れる
  • 折衷主義を教える
  • 薬物療法のゆがみ
  • 現実世界の気まぐれ)
  • 第3部 次に来るものは?(エヴィデンスに基づく医学(EBM)の限界
  • オスラーの亡霊
  • 二つの文化
  • 意味の意味
  • 解決の始まり-メソード・ベイスドの精神医学
  • 精神医学の新しいヒューマニズム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代精神医学のゆくえ
著作者等 Ghaemi, S. Nassir
和田 央
山岸 洋
村井 俊哉
ガミー ナシア
書名ヨミ ゲンダイ セイシン イガク ノ ユクエ : バイオ サイコ ソーシャル セッチュウ シュギ カラ ノ ダッキャク
書名別名 THE RISE AND FALL OF THE BIOPSYCHOSOCIAL MODEL

バイオサイコソーシャル折衷主義からの脱却

Gendai seishin igaku no yukue
出版元 みすず書房
刊行年月 2012.9
ページ数 357,32p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-07707-7
NCID BB10279459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22152871
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想