刑事法入門

大谷實 著

サイバー犯罪等の情報処理の高度化に伴う犯罪および反社会的集団が関与する強制執行を妨害する犯罪の新設、また、刑事上の時効制度の大幅な改正を織り込むとともに最近の刑事法の変革を踏まえて改訂。さらに、統計や図表等を新しいものに差し替えた。法学部の学生ばかりではなく、法科大学院の未修者や一般の人にも推奨できる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 犯罪防止と法
  • 刑法の基礎
  • 罪刑法定主義と構成要件
  • 個人法益に対する罪
  • 社会法益に対する罪
  • 国家法益に対する罪
  • 犯罪の成立要件
  • 犯罪成立阻却事由
  • 罪数
  • 刑罰と保安処分
  • 刑罰権の具体的実現-刑事訴訟法
  • 捜査と人権
  • 公判と実体的真実主義
  • 誤判とその救済
  • 犯罪者の刑事施設内処遇
  • 犯罪者の社会内処遇
  • 少年非行と刑事司法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑事法入門
著作者等 大谷 実
書名ヨミ ケイジホウ ニュウモン
書名別名 Keijiho nyumon
出版元 有斐閣
刊行年月 2012.9
版表示 第7版.
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-04288-9
NCID BB10304363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22157378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想