植物地理の自然史 : 進化のダイナミクスにアプローチする

植田邦彦 編著

[目次]

  • 序章 植物地理学の誕生と現状(ウォレスとダーウィン
  • 生物地理学の誕生 ほか)
  • 第1章 琉球列島における植物の由来と多様性の形成(日本列島とユーラシア大陸を陸橋でつないだ琉球の島々
  • 琉球列島での種分化・種内分化の時期-陸橋が形成と分断を繰り返した時期と合っているのか? ほか)
  • 第2章 南半球分布型植物の分子系統地理(南半球において隔離分布する植物
  • ゴンドワナ大陸の地史 ほか)
  • 第3章 被子植物の分布形成における拡散と分断(生物地理学における生物区系
  • 系統樹に基づいた生物地理研究 ほか)
  • 第4章 沿海州の気候と植生(沿海州の位置と気候
  • 沿海州の植生 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植物地理の自然史 : 進化のダイナミクスにアプローチする
著作者等 いがり まさし
朝川 毅守
植田 邦彦
瀬戸口 浩彰
長谷部 光泰
書名ヨミ ショクブツ チリ ノ シゼンシ : シンカ ノ ダイナミクス ニ アプローチ スル
出版元 北海道大学出版会
刊行年月 2012.10
ページ数 9,200p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8329-8205-5
NCID BB10240340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22153534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想