心の病の「流行」と精神科治療薬の真実

ロバート・ウィタカー 著 ; 小野善郎 監訳 ; 門脇陽子, 森田由美 訳

心の病を治療する薬が、実は、病を進行させているとしたら…。アメリカにおける、精神科医、精神医学会、患者団体、製薬会社、政府の利害関係の生々しい現状を伝え、精神疾患の一因は精神科治療薬にあると説く。「既成事実」となっている薬物療法と、その根拠となっている「仮説」の意義と限界を様々な事例を使って提示した、衝撃的警告の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 流行病(現代の疫病
  • 事例からの考察)
  • 第2部 精神科治療薬の科学(流行病のルーツ
  • 精神医学の「魔法の弾丸」
  • 化学的アンバランスの探求)
  • 第3部 転帰(露呈した矛盾
  • ベンゾジアゼピンの罠
  • 慢性化する気分障害
  • 双極性障害の急増
  • 解き明かされた流行病の謎
  • 子どもにも広がる流行病
  • 苦しむ子どもたち)
  • 第4部 妄想の解明(イデオロギーの台頭
  • 語られた筋書きと、語られなかった筋書きと
  • 利益の勘定)
  • 第5部 解決策(改革の青写真)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心の病の「流行」と精神科治療薬の真実
著作者等 Whitaker, R. H.
Whitaker, Robert
小野 善郎
森田 由美
門脇 陽子
ウィタカー ロバート
書名ヨミ ココロ ノ ヤマイ ノ リュウコウ ト セイシンカ チリョウヤク ノ シンジツ
書名別名 ANATOMY OF AN EPIDEMIC
出版元 福村
刊行年月 2012.9
ページ数 543p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-571-50009-1
NCID BB10284040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22149532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想