盲目と洞察 : 現代批評の修辞学における試論

ポール・ド・マン 著 ; 宮﨑裕助, 木内久美子 訳

テクストと向きあう"読むこと"の透徹した営みによって、現代における批評の新たな方向性を決定づけた古典。ブランショ、プーレ、デリダらと果敢に対峙し、彼らの洞察そのものが不可避的な内的齟齬への盲目性によって支えられていることを暴く。鋭利な考察が今なお輝きを放つ、イェール学派の領袖の主著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 批評と危機
  • 第2章 アメリカのニュークリティシズムにおける形式と意図
  • 第3章 ルートヴィヒ・ビンスヴァンガーと自己の昇華
  • 第4章 ジェルジ・ルカーチの『小説の理論』
  • 第5章 モーリス・ブランショの批評における非人称性
  • 第6章 起源としての文学的自己-ジョルジュ・プーレの著作について
  • 第7章 盲目性の修辞学-ジャック・デリダのルソー読解
  • 第8章 文学史と文学のモダニティ
  • 第9章 抒情詩とモダニティ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 盲目と洞察 : 現代批評の修辞学における試論
著作者等 De Man, Paul
宮崎 裕助
木内 久美子
ド・マン ポール
書名ヨミ モウモク ト ドウサツ : ゲンダイ ヒヒョウ ノ シュウジガク ニ オケル シロン
書名別名 Blindness and Insight

Momoku to dosatsu
シリーズ名 叢書・エクリチュールの冒険
出版元 月曜社
刊行年月 2012.9
ページ数 355p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-901477-98-7
NCID BB10217054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想