なぜか「目にとまる人」になる100のルール = 100 rules to become a person who stands out

福田稔 著

大勢の中にいても目にとまる人がいる。目立とうとしているわけでもないのに、なぜか目にとまる。なぜか人の話題にのぼる。本書ではそんな人になるための法則をまとめた。「仕事の基本」を少し超えた、即効性のあるスキル。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「若いのにすごいね」と目にとまる人のルール(スピードの出し過ぎはむしろ安全
  • 仕事が早いと言われるカギはスピードよりスタート ほか)
  • 第2章 「楽しそうに仕事をする」ので目にとまる人のルール(最初の人は記憶に残る
  • 前例がないとはチャンスがあるということ ほか)
  • 第3章 なぜか「まわりに人が集まる」ので目にとまる人のルール(人それぞれの当たり前
  • 「頑張ってるね」より「頑張ったね」 ほか)
  • 第4章 「周囲も驚く成長スピード」で目にとまる人のルール(上司の関心、課題、期待に先回りせよ
  • 誰がやっても同じ仕事はない ほか)
  • 第5章 「何であの人はいつも元気なの」と目にとまる人のルール(やる気よりやれる気
  • 人の力を借りる力も実力のうち ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜか「目にとまる人」になる100のルール = 100 rules to become a person who stands out
著作者等 福田 稔
書名ヨミ ナゼカ メ ニ トマル ヒト ニ ナル ヒャク ノ ルール
書名別名 100 rules to become a person who stands out

Nazeka me ni tomaru hito ni naru hyaku no ruru
出版元 日本実業出版社
刊行年月 2012.9
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-534-04993-3
NCID BB10582173
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想