破損した脳、感じる心 : 高次脳機能障害のリハビリ家族学

犬塚芳美 著

夫はジキルとハイド。計算はできないけれど、俳句を作る。左も右も言えないけれど、映画を論じる。脳の不思議と知性の無限。夫の脳は私が治す-。運と努力と家族のがんばりで、高次脳機能障害を乗り切った家族の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 脳外科病棟に緊急入院(深夜の電話
  • 緊急手術
  • 出血が止まらない
  • 気になる着歴 ほか)
  • 2 リハビリ専門病院での日々(転院の日々
  • 明らかになる後遺症
  • リハビリの目標
  • 病院暮らし ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 破損した脳、感じる心 : 高次脳機能障害のリハビリ家族学
著作者等 犬塚 芳美
書名ヨミ ハソン シタ ノウ カンジル ココロ : コウジ ノウキノウ ショウガイ ノ リハビリ カゾクガク
書名別名 Hason shita no kanjiru kokoro
出版元 亜紀書房
刊行年月 2012.9
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7505-1222-8
NCID BB10486271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22173575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想