イタリア人と日本人、どっちがバカ?

ファブリツィオ・グラッセッリ 著

長い歴史を誇りながらも、今では「立派な」借金大国-。敗戦からの奇跡的な復興からアメリカ主導のグローバリゼーションまで。多くの共通点を持つ日伊両国に関して、在日歴20年以上のイタリア人建築家がウィットとユーモアに富んだ比較文化論を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イタリア人の暮らしは、いまどうなっているのか?
  • 第2章 歴代政権はなぜ借金財政を放置してきたのか
  • 第3章 横たわる「南北問題」-ナポリがミラノを食いつぶす?
  • 第4章 マフィアと闇経済-「イタリアの富」はどこへ消えた?
  • 第5章 イタリア人は、本当に「怠け者」なのか?
  • 第6章 巨額の「年金」と「社会保障」そしてはびこる「脱税」
  • 第7章 イタリアの怪物「ベルルスコーニ」とは何だったのか
  • 第8章 モンティ新政権はイタリアを救えるのか?
  • 第9章 イタリアは、明日の日本か?-日本人への警告

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イタリア人と日本人、どっちがバカ?
著作者等 Grasselli, Fabrizio
水沢 透
グラッセッリ ファブリツィオ
書名ヨミ イタリアジン ト ニホンジン ドッチ ガ バカ
シリーズ名 文春新書 876
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.9
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660876-8
NCID BB10213530
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22151174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想