江戸時代 : 武家政治vs.庶民文化

赤坂治績 著

庶民の文化が武士の文化を凌駕した江戸時代。その文化の"華"が歌舞伎だ。タテマエよりホンネ、倹約よりぜいたく…。幕府権力のたびたびの弾圧が歌舞伎を鍛え、総合芸術へと昇華させた。歌舞伎の変遷から江戸時代の歴史がたどれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 武士の文化から庶民の文化へ
  • 第1章 天保の改革と歌舞伎
  • 第2章 幕府の歌舞伎対策
  • 第3章 元禄の社会と享保の改革
  • 第4章 忠臣蔵
  • 第5章 天明期の歌舞伎と寛政の改革
  • 第6章 四谷怪談
  • 第7章 幕末の歌舞伎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸時代 : 武家政治vs.庶民文化
著作者等 赤坂 治績
書名ヨミ エド ジダイ : ブケ セイジ ヴイエス ショミン ブンカ
書名別名 Edo jidai
シリーズ名 日本史
朝日おとなの学びなおし!
出版元 朝日新聞
刊行年月 2012.9
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-331111-4
NCID BB1053165X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想