信長の血統

山本博文 著

天正十年六月二日、織田信長は本能寺の変で斃れ、四十九年の生涯を閉じた。見果てぬ夢となった天下統一、この「織田体制」とは何だったのか?織豊政権の権力構造を解き明かしつつ、信長一族や末裔が辿った運命を克明に検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 信長の達成
  • 第2章 織田政権の崩壊と再建
  • 第3章 織田信孝の「謀叛」
  • 第4章 織田信雄の「逆意」
  • 第5章 羽柴政権の誕生と織田体制の継承
  • 第6章 織田家の血統

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信長の血統
著作者等 山本 博文
書名ヨミ ノブナガ ノ ケットウ
シリーズ名 文春新書 875
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.9
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660875-1
NCID BB10208392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22151170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想