「多職種相互乗り入れ型」のチーム医療 : その現状と展望

地域の包括的な医療に関する研究会 著

今、わが国におけるチーム医療については、真に患者の生活の質(QOL)を担保するかたちで医療を提供していくには、「チーム医療をいかに充実させるか」「そのために多職種はいかに連携していくのがいいのか」が論点となっている。そんな中、「チーム医療の在り様を、従来のMultidisciplinary(多職種相互連携)型からInterdisciplinary(多職種相互乗り入れ)型へと成長させなければならない」とする主張が注目を集めるようになった。本書では現在実践されている「多職種相互乗り入れ型のチーム医療」を紹介し、今後のチーム医療の可能性を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 チーム医療の成熟に向けて-「相互連携」から「相互乗り入れ的連携」へ(よい医療者がよい医療を実現するために
  • チーム医療の根幹をひも解く)
  • 2 自然発生的相互乗り入れによるチーム医療-救命救急センターにおける取り組みから(医師からみた「相互乗り入れ型」チーム医療
  • 看護師からみた「相互乗り入れ型」チーム医療
  • 薬剤師からみた「相互乗り入れ型」チーム医療
  • 診療放射線技師からみた「相互乗り入れ型」チーム医療
  • 臨床工学技士からみた「相互乗り入れ型」チーム医療
  • メディカルソーシャルワーカーからみた「相互乗り入れ型」チーム医療)
  • 3 「相互乗り入れ」の課題をめぐって-リーダーシップ/職種間でのトラブル/2タイプのチーム医療(誰がチームのリーダーシップをとるのか
  • 職種間のトラブルはどう解決していくのか
  • 特定の課題に対応する院内横断的チームは必要か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「多職種相互乗り入れ型」のチーム医療 : その現状と展望
著作者等 地域の包括的な医療に関する研究会
書名ヨミ タショクシュ ソウゴ ノリイレガタ ノ チーム イリョウ : ソノ ゲンジョウ ト テンボウ
書名別名 Tashokushu sogo noriiregata no chimu iryo
シリーズ名 へるす出版新書 020
出版元 へるす出版
へるす出版事業部
刊行年月 2012.9
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-89269-779-1
NCID BB10231281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22212283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想