鷗外の坂

森まゆみ 著

団子坂、無縁坂、暗闇坂…。明治の文豪が暮らした坂のある町。その足どりを丹念に辿りながら、創作の軌跡と家族の肖像をたずねる。森鴎外の素顔と六〇年の起伏に富んだ生涯を、追慕を込めて描き出す渾身の評伝。芸術選奨文部大臣新人賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 『青年』が歩く
  • 第1章 向島の家-喜美子の眼
  • 第2章 宿場の医者-千住橘井堂医院のこと
  • 第3章 わが旧妻なり-赤松登志子のこと
  • 第4章 千朶山房-太田の原の家
  • 第5章 君に見せたきものあらば-三木竹二小伝
  • 第6章 市隠の居処-団子坂観潮楼
  • 第7章 無縁坂の女-玉とせき
  • 第8章 二つの家-しげのこと
  • 第9章 耀く日々-子どもたちの地図
  • 微笑の人 鴎外

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鷗外の坂
著作者等 森 まゆみ
書名ヨミ オウガイ ノ サカ
シリーズ名 中公文庫 も31-2
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.9
ページ数 441p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205698-5
NCID BB10334706
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22171266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想