日本文学史  近代・現代篇8

ドナルド・キーン 著 ; 新井潤美 訳

伝統をうちやぶる口語詩の発生と文語詩の成熟。島崎藤村、萩原朔太郎、宮沢賢治、高村光太郎ら、愛唱される詩人たち。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治の詩(近代詩のはじまり-翻訳の時代
  • 島崎藤村
  • 土井晩翠
  • 薄田泣菫
  • 上田敏
  • 蒲原有明
  • 北原白秋
  • 三木露風)
  • 大正の詩(萩原朔太郎
  • 室生犀星
  • 山村暮鳥
  • 宮沢賢治)
  • 昭和の詩(高村光太郎
  • 三好達治
  • 西脇順三郎
  • 昭和初期の詩
  • 戦後の詩)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文学史
著作者等 Keene, Donald
土屋 政雄
徳岡 孝夫
新井 潤美
角地 幸男
キーン ドナルド
書名ヨミ ニホン ブンガクシ
書名別名 Daun to the West

Nihon bungakushi
シリーズ名 中公文庫 キ3-25
巻冊次 近代・現代篇8
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.9
ページ数 413p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205701-2
NCID BB04855216
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22170836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想