みことばを生きる : 聖書的霊性の理解

遠藤勝信 著

福音主義に立つ意味はどこにあるのか。キリスト教霊性をなぜ養わなければならないのか。人生の明確な展望を持ち、教会生活、礼拝生活、また社会生活のすべてにおいて、生きた信仰を実践するために、ヤコブの手紙に耳を傾ける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 問われる信仰の内実-ヤコブ一・一二、マタイ四・一〜一一
  • 2 神理解の回復-ヤコブ一・一六〜一八
  • 3 聞く姿勢の確立-ヤコブ一・一九〜二一
  • 4 みことばを生きる-ヤコブ一・二二〜二五
  • 補遺(「神のことば」の聖書的理解
  • 「福音主義」というイズムについて
  • 福音主義と霊性について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 みことばを生きる : 聖書的霊性の理解
著作者等 遠藤 勝信
書名ヨミ ミコトバ オ イキル : セイショテキ レイセイ ノ リカイ
書名別名 Mikotoba o ikiru
シリーズ名 ヤコブの手紙
出版元 いのちのことば社
刊行年月 2012.9
ページ数 143p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-264-03065-2
全国書誌番号
22215496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想