日本の「朝鮮」支配とキリスト教会

信州夏期宣教講座 編 ; 岩崎孝志, 上中栄, 山口陽一, 李象奎, 朴元珠, 金谷政勇 著

日本が韓半島を侵略し、支配したとき、日本のキリスト教会は、何を語り、どう行動したのか。韓国と日本との間に深く沈んでいる問題に、それぞれの視点から取り組む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「韓国強制併合」と日本の教会
  • 近代日本の朝鮮支配-福沢諭吉・井上馨・吉野作造・斎藤実と朝鮮
  • 初期ホーリネスの朝鮮伝道
  • 日本人キリスト者の朝鮮観
  • 解放後の孫良源の生涯
  • 一九三〇年代韓国長老教会の聖書解釈
  • 一在日の証言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の「朝鮮」支配とキリスト教会
著作者等 上中 栄
信州夏期宣教講座
山口 陽一
岩崎 孝志
朴 元珠
金谷 政勇
李 象奎
書名ヨミ ニホン ノ チョウセン シハイ ト キリスト キョウカイ
出版元 いのちのことば社
刊行年月 2012.9
ページ数 175p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-264-03064-5
NCID BB11296555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22214772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想