岡村理論の継承と展開  第3巻

右田紀久惠, 白澤政和 監修

[目次]

  • 第1部 主体者としての個人(個人と社会をめぐる認識と介入
  • 高齢者の主体的生活
  • 岡村理論と障害者のエンパワメント支援
  • 児童の主体性について
  • アジア諸国の人々の人間観-「家父長制論」から「普遍的人間論」へ)
  • 第2部 生活主体者と運動・組織(住民主体と地域組織化-「地域を」めぐる主体化と資源化のパラドックス
  • ソーシャル・ネットワークの組織
  • 社会福祉権利擁護論-「積極的権利擁護」と「参画型社会福祉」の視角から)
  • 第3部 社会制度からみた主体観(家族制度における生活者主体
  • 社会福祉制度における生活者主体観-社会福祉制度の側からみた利用者
  • 岡村理論における主体論とその展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岡村理論の継承と展開
著作者等 右田 紀久恵
大塚 保信
山県 文治
松原 一郎
白沢 政和
書名ヨミ オカムラ リロン ノ ケイショウ ト テンカイ
書名別名 社会福祉における生活者主体論
巻冊次 第3巻
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.9
ページ数 229p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05802-0
NCID BB10185242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22151520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
社会福祉における生活者主体論 大塚保信, 山縣文治, 松原一郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想