散乱ペットボトルのツケは誰が払うのか : デポジット制度の実現をめざして

栗岡理子 著

海岸を100メートル歩けばペットボトルが26本も捨てられているという「ごみ天国ニッポン」。デポジット制度実現のために、散乱ペットボトルの現状と回収のあるべき姿を徹底検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ペットボトルが生態系を破壊する?
  • 第2章 拾ってもひろっても減らない、ごみ、ごみ、ごみ…
  • 第3章 ペットボトルリサイクルの現状
  • 第4章 N市とS市のエコロジカル・フットプリント
  • 第5章 回収方法の違いによるリサイクル費用比較
  • 第6章 新しいシステムの必要性
  • 第7章 デポジットへの道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 散乱ペットボトルのツケは誰が払うのか : デポジット制度の実現をめざして
著作者等 栗岡 理子
書名ヨミ サンラン ペット ボトル ノ ツケ ワ ダレ ガ ハラウ ノカ : デポジット セイド ノ ジツゲン オ メザシテ
出版元 合同
刊行年月 2012.9
ページ数 126p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7726-6014-3
NCID BB10478014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想