開発経済学と現代中国 = Development Economics and Contemporary China

中兼和津次 著

中国は開発経済学で解けるか。未曾有の変貌をとげる現代中国を、社会科学の実験場とみなし、開発経済学のさまざまなモデルや仮説を準拠枠として、その「発展」の軌跡を検証する。はたして「中国モデル」は存在するのか。第一人者による透徹した中国経済論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中国経済の捉え方:開発経済学的枠組みと視座
  • 初期条件と歴史的文化的特性
  • 成長モデルと構造変化
  • ルイス・モデルと中国の転換点
  • 外向型発展モデルと中国
  • 雁行形態論・キャッチアップ型工業化論とその限界
  • 人口転換と人口ボーナス
  • 分配と貧困
  • 人的資本と教育
  • 環境クズネッツ曲線と中国の環境問題
  • 開発独裁モデル:中国における政府と市場の関係
  • 中国の開発経験をどう見るか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開発経済学と現代中国 = Development Economics and Contemporary China
著作者等 中兼 和津次
書名ヨミ カイハツ ケイザイガク ト ゲンダイ チュウゴク
書名別名 Development Economics and Contemporary China

Kaihatsu keizaigaku to gendai chugoku
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2012.9
ページ数 298p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0710-8
NCID BB10096299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22151683
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想