ある心臓外科医の裁判 : 医療訴訟の教訓

大川真郎 著

医学部教授が自らの名誉と人間の尊厳をかけて立ち向かった「虚構の嵐」、筆舌に尽くしがたい無念さの中で闘い勝利した4つの裁判が照射したもの、それはチーム医療に潜む陥穽、「白い巨塔」の病巣、医療報道の横暴…、すなわち今日の医学と医療、そして医療裁判のトータルな問題情況である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 心臓病患者の手術死-衝撃的なマスコミ報道
  • 第2章 心臓外科教授への道
  • 第3章 医療過誤裁判との闘い(第一審)
  • 第4章 マスコミとの闘い
  • 第5章 主治医との闘い
  • 第6章 心臓外科医との闘い
  • 第7章 刑事告訴との闘い
  • 第8章 代理人弁護士との闘い
  • 第9章 医療過誤裁判との闘い(第二審・第三審)
  • 第10章 本当の死亡原因は何であったか
  • 第11章 この事件の教訓
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ある心臓外科医の裁判 : 医療訴訟の教訓
著作者等 大川 真郎
書名ヨミ アル シンゾウ ゲカイ ノ サイバン : イリョウ ソショウ ノ キョウクン
書名別名 Aru shinzo gekai no saiban
出版元 日本評論社
刊行年月 2012.9
ページ数 231p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-535-51934-3
NCID BB10331683
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想