経済発展論

加藤篤史 著

経済を発展させる最も重要な要因として「企業者」による価値創造的な行為を分析の中心に置き、そのような行為を企業者に促す条件を考察しながら「経済発展」を体系的に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人間と行為
  • 第1部 価値生産と企業者(経済発展
  • 企業
  • 企業者の動機と生産性)
  • 第2部 企業者の行為の決定要因(企業者の行為の決定要因:直接的要因1-人的要因
  • 企業者の行為の決定要因:直接的要因2-環境要因
  • 企業者の行為の決定要因:間接的要因
  • 文化・慣習・規範・制度
  • ミクロからマクロへ)
  • 第3部 経済発展への道(政府の失敗
  • 経済発展と制度変化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済発展論
著作者等 加藤 篤史
書名ヨミ ケイザイ ハッテンロン
出版元 中央経済社
刊行年月 2012.9
ページ数 354p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-502-69960-3
NCID BB10185118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想