敗戦と戦後のあいだで : 遅れて帰りし者たち

五十嵐惠邦 著

敗戦後、歴史的力により戦地から本国への帰還が遅れてしまった人びとがいる。復興から経済発展へのパラダイムが形成されつつあるなか、拭いがたい違和感や齟齬をかかえ、彼らは戦後という時間をいかに生きたのか。五味川純平、石原吉郎、横井庄一、小野田寛郎、中村輝夫…。本書は複数の周縁的・両義的存在の歩みを丹念に読み解き、もうひとつの歴史を描きだす試みである。戦後日本社会を構成する条件とは何か、いま一度根本から問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦いが終わって-映画の中の帰還者たち
  • 第2章 五味川純平と『人間の條件』-帰還できなかった梶上等兵の物語
  • 第3章 遅れて帰りし者たち-シベリア抑留と抑留者の戦後日本への帰還
  • 第4章 告発せず-石原吉郎のシベリア抑留体験とその内的な問い直し
  • 第5章 英霊の生還-横井庄一をめぐる戦後日本の狂騒
  • 第6章 過去からの救出-元陸軍少尉小野田寛郎と戦後日本との確執
  • 終章 最後の「日本兵」の帰還-中村輝夫/スニヨン/李光輝の戦後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 敗戦と戦後のあいだで : 遅れて帰りし者たち
著作者等 五十嵐 惠邦
書名ヨミ ハイセン ト センゴ ノ アイダ デ : オクレテ カエリシ モノタチ
シリーズ名 筑摩選書 0050
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.9
ページ数 332p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01549-5
NCID BB10210292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想