修羅の爪

峰隆一郎 著

川越藩藩士だった浮田孫十郎は妻の駆け落ちが原因で浪人となり、剣の腕を頼りに用心棒と裏稼業で生計をたてていた。そんな孫十郎はある日、突如襲ってきた旅姿の侍を斬るが、死に際の侍から「らあじゃ」という謎の言葉とともに一振りの脇差を受け取った。この脇差を手にしてから妖艶な女たちが次々と現れるだけでなく、奇怪な出来事が続き、ゆえ知れず命まで狙われるようになった。孫十郎は我が身に迫り来る剣難・女難の真相を求めて立ち上がる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 修羅の爪
著作者等 峰 隆一郎
書名ヨミ シュラ ノ ツメ
シリーズ名 特選時代小説 み-2-52
廣済堂文庫 み-2-52
出版元 廣済堂
刊行年月 2012.10
版表示 [新装版]
ページ数 440p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-331-61495-2
全国書誌番号
22154598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想