氷結鏡界のエデン  10

細音啓 著

虚空に穿たれた小さな亀裂。それは幽幻種を穢歌の庭へと還すために開かれた扉だった。その身に宿す魔笛が呼応し引き寄せられるシェルティスと、彼を救うべく手をさしのべた天結宮の巫女ユミィは穢歌の庭へと堕ちてゆく。彼の地にみちる濃密なる魔笛と夢数の幽幻種たち。その先にあるものは-「あなた次第です。このままでは二人が浮遊大陸に戻ってくる可能性はゼロなのだから」異篇卿イグニドがモニカたちに語る、穢歌の庭に堕ちたシェルティスとユミィを待ち受ける運命とは-強き決意が奇跡へと昇華する、重層世界ファンタジー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 氷結鏡界のエデン
著作者等 細音 啓
書名ヨミ ヒョウケツ キョウカイ ノ エデン
書名別名 黄昏讃歌 : オラトリオ・イヴ
シリーズ名 富士見ファンタジア文庫 さ-2-2-10
巻冊次 10
出版元 富士見書房
刊行年月 2012.9
ページ数 316p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8291-3804-5
全国書誌番号
22158174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想