となりの闇社会 : まさかあの人が「暴力団」?

一橋文哉 著

ドンパチの派手な抗争よりじつは怖い-「暴力団排除条例」完全施行から一年、苦境に喘ぐ彼らの手口は、明らかに変わった。クレーマーを装って多額の賠償金をねらう。生活保護の申請を後押しして巻き上げる。年金横領、架空請求、リフォーム詐欺。ついには被災者まで魔の手は伸びる。一流大学卒業、大手金融・証券会社OB。その肩書と紳士然とした風貌に気を許すと、被害者どころか加害者=共犯者にさえなりかねないのだ。一般社会に溶け込み、どこに潜むかわからない闇社会の姿とは。悪魔はすぐとなりで笑っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 暴力団の手口が変わった-となりの闇社会
  • 第1章 たんなるクレーマーだと思ったら-企業と闇社会
  • 第2章 震災や生活保護までビジネスに-行政と闇社会
  • 第3章 悪徳商法が心の隙間をねらう-家庭と闇社会
  • 第4章 老後の年金はどこへ消えたのか-金融と闇社会
  • 第5章 長生き願望まで貧られている-医療と闇社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 となりの闇社会 : まさかあの人が「暴力団」?
著作者等 一橋 文哉
書名ヨミ トナリ ノ ヤミシャカイ : マサカ アノ ヒト ガ ボウリョクダン
シリーズ名 PHP新書 823
出版元 PHP研究所
刊行年月 2012.10
ページ数 248p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-80699-0
NCID BB10158567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22151178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想