世界超恐慌の正体 : コーポラティズムvs国民国家の最終戦争

安部芳裕 著

戦争の目的が「支配」であるとすれば、現在の戦争はコーポラティズムvs国民国家のステルス・ウォー(見えない戦争)と言えます。コーポラティズムとは、大企業と政府が一体になった国家運営体制を指し、この体制下では必然的に政府と癒着した一部の大企業・株主・経営者に富が集中します。それを打破するには我々国民を主権者とする国民国家の権力=国家権力を使うしかありません。世界中で繰り広げられている1%vs99%の戦いは、そのままコーポラティズムvs国民国家の戦いであり、この最終戦争に負ければ、私たち99%側の人間は「自分たちの社会を自分たちで決める権利」を失い、単なる金儲けの道具として奴隷のように扱われる社会で生きていくことになるでしょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 コーポラティズムの源流を探る
  • 第2章 世界を席巻するコーポラティズム
  • 第3章 国際金融資本に乗っ取られたアメリカ
  • 第4章 翻弄され続ける日本
  • 第5章 世界の二大リスク-世界超恐慌
  • 第6章 世界の二大リスク-中東大戦争
  • 第7章 日本の三大リスク-原発
  • 第8章 日本の三大リスク-消費税増税
  • 第9章 日本の三大リスク-TPP
  • 第10章 政治と通貨発行権の民主化を実現しよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界超恐慌の正体 : コーポラティズムvs国民国家の最終戦争
著作者等 あべ よしひろ
安部 芳裕
書名ヨミ セカイ チョウキョウコウ ノ ショウタイ : コーポラティズム ヴイエス コクミン コッカ ノ サイシュウ センソウ
書名別名 Sekai chokyoko no shotai
シリーズ名 晋遊舎新書 S08
出版元 晋遊舎
刊行年月 2012.9
ページ数 346p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86391-619-7
全国書誌番号
22148121
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想