白鳥

赤羽正春 著

世界各地に広がる白鳥処女説話を博捜し、その源流を求めてシベリアの白鳥族を訪ねた著者は、古代以来の人々が抱いた"鳥への想い"を明らかにしつつ、白鳥の渡りとの関連から、さまざまな文化が輻輳し拡大してゆく経緯を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鳥への想い
  • 第1部 白鳥をめぐる文化史(白鳥処女説話の啓示
  • 衣と白鳥
  • 産土白鳥
  • 白鳥の文化
  • 白鳥の歌
  • 天使と飛天)
  • 第2部 シベリアの白鳥族(白鳥の故郷シベリア
  • アラルスキー・ホンゴドル
  • 海への憧れ
  • 水(海)辺の婚姻
  • 白鳥族)
  • 第3部 白鳥の渡り(各地への渡来
  • インドの白鳥
  • 中国の衣)
  • 白鳥に求めた人の規範

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白鳥
著作者等 赤羽 正春
書名ヨミ ハクチョウ
シリーズ名 ものと人間の文化史 161
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2012.9
ページ数 355p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21611-4
NCID BB10157509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22175129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想