サリヴァン自伝

ルイス・H・サリヴァン 著 ; 竹内大, 藤田延幸 訳

フランク・ロイド・ライトが師事し、シカゴ派の巨頭と称された建築家ルイス・ヘンリー・サリヴァン。近代建築の行く道を決定づけた名句「Form Follows Function形態は機能にしたがう」に至るパーソナリティの形成を自らつづった生涯の思索の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 幼年時代
  • 日ごと外を出歩く少年がいた
  • そして春
  • 休暇
  • ニューベリーポート
  • ボストン
  • ニューライス中学校
  • イングリッシュ・ハイスクール
  • ボストンに別れを告げて
  • シカゴ
  • パリ
  • 田園都市
  • 出会い
  • 回顧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サリヴァン自伝
著作者等 Sullivan, Louis H.
石元 泰博
竹内 大
藤田 延幸
Sullivan Louis Henry
サリヴァン ルイス・ヘンリー
書名ヨミ サリヴァン ジデン
書名別名 THE AUTOBIOGRAPHY OF AN IDEA

Sarivan jiden
出版元 鹿島出版会
刊行年月 2012.9
版表示 新装版.
ページ数 312,6p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-306-04582-8
NCID BB10277500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22149499
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想