談志亡き後の真打ち

立川志ら乃 著

真打ち昇進トライアル、「江戸の風」、「イリュージョン」、落語家の了見、談志との価値観の共有、落語の美学、立川流の新体制…そして、師匠・立川志らくと語る「立川談志」「落語論」「立川流のこれから」。兄弟子・立川談笑との爆笑対談も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ立川流の落語家は落語論を語るのか(真打ちとはなにか
  • 立川流の真打ち ほか)
  • 第2章 談志の価値観(人間の業の肯定
  • 伝統を現代に ほか)
  • 第3章 立川流落語論(落語家の了見
  • 了見のほとんどは気遣いだった ほか)
  • 第4章 対談・立川談笑「談志の直弟子と孫弟子」
  • 第5章 立川流の未来(立川流新体制
  • 自分の中の危機感 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 談志亡き後の真打ち
著作者等 立川 志ら乃
書名ヨミ ダンシ ナキ アト ノ シンウチ
出版元 宝島社
刊行年月 2012.9
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7966-9656-2
NCID BB10803884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22153994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想