とこしえの神道 : 日本人の心の源流

欅田弘一 著

遠く神代のいにしえより連綿と続く神まつりの精神、この道なくして神国日本の未来はない。日本人に生まれてよかったと心から思える一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代日本人の信仰と文化(神道の原点、神籬・磐座への信仰
  • 神饌に伝わる縄文文化)
  • 第2章 神道の源流(『古事記』に語られる神々の世界
  • 日本人はいつ「神道」を自覚したのか
  • 神を祀るための法律「神祇令」)
  • 第3章 皇室と神道(皇室の祭祀
  • 神々のみことのり
  • 新嘗祭と大嘗祭)
  • 第4章 神道の心と日本人(神道と西洋思想
  • 神道の心)
  • 第5章 とこしえの神道(縄文から弥生へ-連続する信仰
  • 日本文化と形-形と心の継承
  • とこしえの神道-日本人と思想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 とこしえの神道 : 日本人の心の源流
著作者等 欅田 弘一
書名ヨミ トコシエ ノ シントウ : ニホンジン ノ ココロ ノ ゲンリュウ
書名別名 Tokoshie no shinto
出版元 展転社
日本研究所
刊行年月 2012.9
ページ数 255p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88656-375-0
NCID BB10840745
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22149495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想