空き家・空きビルの福祉転用 : 地域資源のコンバージョン

日本建築学会 編

地域の既存建物の福祉転用は、省コスト・省資源につながるうえに、新築では得にくい立地や、なじみのある質の高い福祉空間を生み出し、地域の再生にも役立つことが多い。しかし、その実現には福祉と建築の協働が欠かせない。そこで本書は、両分野の関係者が共通認識を持てるよう、建築や福祉の制度・技術の概要についてまとめて紹介するとともに、両者の知恵が実った先進37事例について、平面図や改修費、技術的ポイント、施設運用の実際、転用にともなう課題等を掲載した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 福祉転用とは(「支え合いの福祉」の環境づくり
  • 既存建物を再活用することの意味と価値
  • 福祉転用に関わる既存制度への対応と課題
  • 既存建物を活かす計画と技術
  • 福祉転用における安全とリスクの考え方)
  • 2章 事例に見る工夫(住宅から
  • 集合住宅から
  • 宿泊系施設から
  • 文教系施設から
  • 店舗等から
  • 事務所・工場・倉庫から)
  • 3章 制度と技術(福祉施設の制度と基準
  • 建築の制度と基準
  • 建築の技術
  • バリアフリーの制度と技術
  • 消防の制度と技術)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空き家・空きビルの福祉転用 : 地域資源のコンバージョン
著作者等 日本建築学会
書名ヨミ アキヤ アキビル ノ フクシ テンヨウ : チイキ シゲン ノ コンバージョン
出版元 学芸出版社
刊行年月 2012.9
ページ数 167p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7615-3200-0
NCID BB10330771
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想