豊穣の海・有明海の現状と課題 = Current status and issues of the Ariake Bay,a potentially highly productive coastal sea

大嶋雄治 編

[目次]

  • 1 微細藻類(有明海佐賀県海域におけるノリ漁期の植物プランクトン
  • 有明海で発生する有害鞭毛藻‐Chattonellaを中心に)
  • 2 有用藻類(ノリ養殖の変遷と現状)
  • 3 魚貝類とその生息環境の特性(タイラギの異常と資源回復への取り組み
  • 有明海におけるハマグリの生息状況と資源管理へ向けた取り組み
  • 有明海の魚類相と各種の資源生態
  • 有明海特産種エツの生態と漁業の現状
  • 魚貝類の生息環境としての有明海とその変動特性)
  • 4 加工(ナルトビエイの利用加工と有効利用の可能性)
  • 有明海をもっと知るための参考資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 豊穣の海・有明海の現状と課題 = Current status and issues of the Ariake Bay,a potentially highly productive coastal sea
著作者等 大嶋 雄治
日本水産学会
書名ヨミ ホウジョウ ノ ウミ アリアケカイ ノ ゲンジョウ ト カダイ
書名別名 Current status and issues of the Ariake Bay,a potentially highly productive coastal sea
シリーズ名 水産学シリーズ / 日本水産学会 監修 173
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 2012.9
ページ数 124p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7699-1284-2
NCID BB10219344
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22151000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想