視線がこわい

上野玲 著

異変は、ある日突然、起こった。街ですれ違う女性の顔を「見られなく」なったのだ。それは、強迫神経症のひとつである「視線恐怖」だった-。著者は、わが身にふりかかったこの異変を克服するため、「視線」について徹底的な調査と研究を開始する。そして、精神医学領域にとどまらず、脳科学、認知行動学、社会学へと探究のフィールドを広げていく。そこから見えてきたのは、私たちの社会が、いかに「視線」に規定され束縛されているかという事実だった。著者の苦闘と思考の過程を赤裸々に綴った、知的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「視線」は「脳」のどこで情報化されるか
  • 第2章 視線恐怖
  • 第3章 「森田療法」における「視線」
  • 第4章 単細胞生物にも「視線」があった?
  • 第5章 柳田國男が感じた「近代の視線」
  • 第6章 対人関係性の「地殻変動」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 視線がこわい
著作者等 上野 玲
書名ヨミ シセン ガ コワイ
シリーズ名 集英社新書 0657
出版元 集英社
刊行年月 2012.9
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720657-9
NCID BB10172659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148860
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想